たくさんの人にホームページを見てもらうための工夫とは?

「とにかく」はNG!?構想で決まるホームページ

ホームページを作成する際についやってしまいがちなのが「とにかく早く見てもらいたい」「とにかく形にして公開しよう」というものです。
早く公開して早く成果を得たいのはわかりますが、この「とにかく」という見切り発車をすると後で後悔してしまいます。
というのも、ホームページは一度作っても後からいくらでもページやリンク先を増やせます。機能にしてもSNSとの連携や、シェアなど便利なものばかりです。それだけに基本的な構想がしっかりしていないと、無闇に情報量が多くなったり、ページのイメージに統一感がなくなり見にくくなってしまうんです。そうならないためにも、将来的にどのような展開をするのか、構想段階でしっかりと決めておきましょう。

シンプルがオシャレ?!ホームページは情報量じゃない

せっかくホームページを作るのだからと、トップ画面から情報を多く載せたりするのも避けましょう。
そのホームページで一番伝えたいことを中心に、シンプルな構成にしたほうがオシャレでスマートに見えます。それだけではありません。目的があってそのホームページを見てくれている人はともかく「ちょっと気になった」という理由で見てくれる人にとって、情報量が多いということはそれだけ読む時間もかかるということになります。興味のある内容だけならいいでしょうが、そうでなければ途中で飽きられてしまうものです。
そうならないためにも、トップ画面はシンプルに、詳細は別のページに分かりやすく振り分けるのが多くの人にホームページを見てもらうためのコツなのです。

ホームページ制作の実績を上手にするには、たくさんの会社を比較検討することです。要望希望がどのように実現するのかを考えることが重要です。

© Copyright Coding Skills Needed. All Rights Reserved.